このように行い学びます|人の命を救うAEDの設置は大事|販売会社にも色々ある

人の命を救うAEDの設置は大事|販売会社にも色々ある

男性女性

このように行い学びます

基板

事象と対処です

PLCはプログラムロジックコントローラの略でシーケンサーとも呼び、工場の自動機械やエレベーター・自動ドアの自動制御に使われています。PLCは数多くの電子部品でつくられていることから、経年とともにこれら部品の劣化により動作不良や故障が起きやすくなります。このため、一定期間毎に部品やユニットの交換による修理が重要です。部品劣化による障害の例としては、バッテリー劣化により制御プログラムが消えPLCが全く動かなくなるという事象があげられます。この場合バックアップなしだと修理・復旧に数ヶ月かかることもあり業務の長期ストップにつながり、会社の存亡にもかかわると考えられます。またアルミ電解コンデンサを主要部品としたユニットは液漏れにより基板が損傷して不具合につながるという深刻な問題があります。この場合基板の洗浄による修理を行います。さらに交換部品が既に入手できない場合はユニット丸ごと交換になります。

通信講座もあります

PLCの修理は相当幅広い知識が求められる、各現場では専門の業者さんに依頼されているようです。しかし自分の目で一つ一つ確認していくことが肝要です。PLCの制御、すなわちシーケンス制御の理解は基礎から通信講座が学べる通信講座を用いることにより短期間で達成可能です。こうした講座で制御そのものについて学んでも、故障の原因を素早く探し素早い修理につなげるのはなかなか難しいです。このためには電気保全に関する通信講座で学ぶことによりさらに幅広い知識を身につけるのがよいでしょう。こうした講座は初級から上級、さらにはその上のアドバンストクラスとあり、順を追って学ぶことができます。PLCはあらゆる自動制御において不可欠なものですから、これらの講座を社費で受講させることは効果が大きいと思われます。